岩原地区公民館

土佐の県北、神楽と灯りの里

岩原神社


 国指定無形民俗文化財で、天慶(938~947)天暦の頃(947~957)岡崎権六郎重良が伊勢より勧請し、奥荒に社殿を建立し、伊勢大明神として祀ったのがはじまりと伝えられています。

 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 


 

 

 



土佐の県北に位置する、大豊町岩原地区の情報を発信するウェブサイトです。

Copyright 岩原地区公民館All rights reserved.